RPAとEXCEL

[RPA・EXCEL]RPAの目的は人員削減ではなかった

最近「RPA」という用語に触れる機会が多くなりましたね。「AI」の考え方を実践する装置なのかな?とぼんやりとは感じている方もおられると思います。

RPAも、IT関連商品ではありますので、メーカーが発信するCMやホームページ経由の情報も溢れており、「機能面」や「費用対効果」を競う内容が多く見受けられるようです。

「プロ業務屋」が業務側から見た解説を致します。

Robotic Process Automation

RPAはRobotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)を略したIT略語で、「ロボットのようにPC作業過程を自動化すること」と言えるでしょう。

ロボットと言っても、人間型ロボットが外側からパソコンを操作するのではなく、パソコンの中からいろいろなメニューを人間に代わって操作してくれる、といった作業代行です。

対象のパソコンを操作することによって処理できる作業であれば、あらゆる作業の手順をRPAへ事前に教育しておけば教わった手順をミスなく実行するのがRPAの機能です。

何のために自動化するのか

「AI化への第一歩はRPA!」みたいなCMを見た経営者の中には欲しくてたまらない人も居るはずです。AI=人工知能だから万全!これさえあれば、今までの古いシステムは何もかも要らなくなるんだ!

経営者の中にはこんな一発逆転をイメージする人も居るかもしれませんので、教えてあげて下さい。

RPAは人間の代わりにパソコン作業はしますが、人間の代わりに考えることはしません。教えられたとおり作業はできますが、教えられていない事は一切やりません。

RPAは「今あるシステムを教えられたとおり動かす装置」なのです。

今ある古いシステムが要らなくなる、とは正反対、動かす対象システムが無ければ何もできることはありません。

エクセルとは好相性

RPAは「エクセル」とはどうなのか?実はエクセルとも大の仲良しです。

エクセル自身もマクロという
自動実行機能を持っていることは皆さんご存知だと思います。

RPAの自動実行は、エクセルのマクロを呼び出して実行させる事もできる他、
マクロなしのファイルにコピペや保存したりと、決められた操作を実行します。

つまりRPAとは
対象のパソコンを操作することによって処理できる作業であれば、
作業の手順を事前に教育しておくことで、ミスなく休みなく実行する装置です。

ただし「RPAシナリオ」と言って
RPAが理解できるよう、事細かく操作手順を登録しておく必要があります。

RPAにはできない事

「そこは適当にケースバイケースで」
「もっとちゃんとわかる資料を」などの丸投げ式依頼はできません。

ここでRPAと人間との「役割り分担」が必要になります。
RPAを休みなく動かし続けるための「パソコン業務の見直し」も必要となります。

「役割分担」「業務見直し」ができれば
高額なシステム投資をせずとも、働き方改革や全体最適を最短で実現できます。

RPAへさせる業務は

EXCEL業務の中で特につらい繰り返し作業や、バラバラに導入されてしまった各種システムへの入力作業など、人が「苦しい」と感じる単純作業をロボット化することで、人が「創造的業務」「本来業務」に集中できることになります。

毎月の締め処理などEXCELで行っていた「定型業務」など、処理手順が決まっている作業は、人間は苦しいと感じますが逆にロボットは大の得意です。しかも高速でミスなく、文句も言わず24時間働き続けてくれるのです。